夏バテを予防と疲労回復には【豚肉】を食べよう!!

豚肉を食べる女性

今年は早い時期から暑い日が続いていますが、早くも夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは、暑さに負けないために、食生活と夏バテの関係と、予防するための万能食材を紹介します。

疲れの原因は栄養バランスが原因だった!

夏場は食欲が落ちるため、そうめんやうどん等のさっぱりと食べられる麺類を食べがちですよね。

しかし、そのような炭水化物に偏った食事ばかりしていると、栄養バランスが崩れて疲れやすくなったり、疲れが取れにくくなったりしてしまいます。

そのため、不足しやすいタンパク質やビタミンを積極的に取り入れて、バランスの良い食事を心がけることが大切です。タンパク源である肉や魚は毎食摂るようにし、ビタミンを含む野菜も積極的に取り入れるようにしましょう。

暑さに打ち勝つための万能食材はコレ!

肉の中でも夏バテ予防のために、是非オススメしたいのはズバリ豚肉です!
キーワードは「ビタミンB1」です。

ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーに変える時になくてはならない存在です。不足すると疲労が溜まりやすくなるため、意識的に摂りましょう。

また、皮膚や粘膜の調子を整える働きも持っているため、肌荒れや口内炎ができた時にもオススメですよ。

そんなビタミンB1が、豚肉には豊富に含まれており、その量はなんと牛肉や鶏肉の約10倍です。疲労回復の代表的な食材である鰻
と比べても2倍の量が含まれており、夏バテ予防にもってこいの食材と言えるのです。

定番の冷しゃぶには〇〇をプラスしよう!

夏にぴったりの豚肉メニューといえば、さっぱりと食べられる「冷しゃぶ」が定番ですね。

野菜も一緒に食べることが多いと思いますが、玉ねぎ、ニンニク、ネギなどの香味野菜も一緒に食べるのがおすすめです。

これらに含まれる辛み成分には、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。豚肉と香味野菜を一緒に食べて、より効率良くビタミンB1を吸収しましょう。

さらに、香味野菜は食欲を増進させる働きもあるため、食欲の落ちやすいこれからの時期にぴったりです。

なお、この辛み成分は水に溶けやすく、長時間水にさらすと外に溶け出てしまうため、玉ねぎやネギを水にさらす際は1~2分程度にしましょう。

食材の辛みが気になる場合は、ポン酢をかけると和らげることが出来るのでおすすめです。

これからさらに暑い日が続いていきますが、夏バテ予防の味方である豚肉を取り入れて、暑い夏に負けないような食生活を心がけましょう。